2007年10月01日

男性更年期と睡眠

中年期の男性では疲労感、集中力低下、関節痛などが
問題となることがある。
加齢、メンタルストレスなどが一連の症状を引き起こすが、
最近では男性更年期障害の概念が注目されている。

男性ホルモンであるテストステロンの減少に起因する、
気力の低下、易疲労感、集中力低下、勃起不全、筋肉痛が
症状として知られている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/87556/

アンチエイジング医学の点からみるとテストステロンの
減少による症状が問題となっているが、不眠、中途覚醒などの
睡眠障害も問題となる。

睡眠時無呼吸症候群でも類似した症状として、抑うつ状態、
勃起不全、中途覚醒、集中力低下が起きる場合がある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。